「MLB.com」に、ツイッターで投稿されたファンの質問にチームの担当記者が答えるコーナーがある。

つい先日、エンジェルスを担当するマリア・グアルダード記者がファンの大谷翔平に関する質問に対して丁寧な答えを返していたので、今回はそのやり取りを紹介しようと思う。

ファンからの大谷に関する質問は2つあり、最初の質問は「大谷は今後も春季キャンプで苦しむようであれば、開幕はマイナーリーグに送られると思いますか?」というもので、これに対し、同記者は球団幹部のコメントを引用しつつ、以下のように予想した。

「不安定な春を送っているとはいえ、ショウヘイ・オオタニはエンジェルスの一員として開幕を迎えると私は思います。彼はこれまで4試合に登板して防御率16.20、左打者としては28打席3安打という数字を残していますが、エンゼルはオオタニに対する内部評価はこれらの数値に基づいたものではないと強調してきました」。

「エンジェルスの幹部が春季キャンプをどのように見ているかの一例として、ジェネラルマネージャーであるビリー・エップラー氏が、カクタスリーグの試合における選手たちの結果を懸念しているか?と問われた際の答えを紹介します」。

「エップラー氏は、春季キャンプの数字は何一つ記憶していないと断言し、『春季キャンプのスタッツだって?私は春季キャンプのスタッツについては話せない。それにどんな意味があるのかさえ分かっていないのだから』と述べました」。

更に、同記者は「オオタニが結局は投手のみの選手となった場合、投手としての成績が良ければエンジェルスは対価に見合った戦力を得たことになると思いますか?」という問いに対しては、次のように返答した。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ