平昌オリンピックでの頂上対決を思い出すとまだ身が震えるほど印象的な大会だったが、間もなく世界選手権が始まる。ディフェンディングチャンピオンかつ五輪王者たるテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組が不在の中、今大会のアイスダンスは実質ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組が頭一つ抜ける状況ではあるが、それでも見どころ満載だ。

さらなる完璧な演技を目指す ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン

ガブリエラ・パパダキス選手/ギヨーム・シゼロン選手

ガブリエラ・パパダキス選手/ギヨーム・シゼロン選手

2度の世界王者かつ五輪銀メダリストたるパパダキス/シゼロン組は、ここ数年、世界最高得点を何度も更新したほど、圧倒的な実力の持ち主だ。自分たちなりに演技をまとめれば、2年ぶりの優勝を飾るであろう。なので、注目すべきは彼らの得点や順位ではなく、どれほど素晴らしい演技を届けられるかなのだ。 オリンピックのショートダンスでは、衣装のハプニングで全力を出すことができなかったが、今回こそベストな演技を見せてもらいたい。それよりも期待しているのはやはりフリーダンスの「月光ソナタ」だ。まるで手足の動きでピアノの音を奏でるように、巧妙に振り付けられた芸術作品である一方、これまでに世界最高得点を4度も叩き出した、技術面においても非の打ち所がない競技プログラムだ。欲を言えば、オリンピックで魅せた完璧な演技から、さらに上をいく完璧な仕上がりが可能なのかどうか。本当に楽しみだ。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ