100号車

先週末は、スーパーGTの連合稽古取材のために岡山国際サーキットへ行ってまいりました。心配されていた天候も好転して土曜、日曜日の二日間は良い天気でした。まだ、風が冷たかったのですが、コンディションは良好でした。

さあ、GT500=幕内の前頭以上の力士を揃える各部屋=チームの独自稽古の仕上がり具合をこの連合稽古=オフィシャル合同テストで文字通り[ガチンコ]で確かめるわけです。同じ土俵=サーキットで、同じ間合での稽古ですから、ここで開幕戦へ向けての勢力図が垣間見えてきたのです。

立会いの速さとしては、ホンダ一門が印象的。REAL部屋がズドンとぶちかまして土曜日、初日の第1セッション(午前)でトップタイムを叩き出し。翌日の第3セッション(午前)でもトップ。結局二日間、総合2番手となった。その他のホンダ部屋、力士も仕上がりは良いようだ。そしてファン注目の外国人力士、J.バトン関が、走り込んで、走り込んで何とか遜色ないタイムを叩き出すことができて日本の土俵にも少しずつ馴染んできた。しかし、まだ完全にまわし=NSXに慣れていない感じは否めない。まあ、時間が解決してくれるでしょう。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ