結局同点に追いつくことはできなかったが、後半の彼らは後ろを振り向かずに45分間ベストを尽くした。これこそが残りシーズンにおいて求められる姿勢だろう。

挫折を経験した後に、人は真価を問われる。大一番に負けた直後、このワトフォード戦こそが、今シーズンのリヴァプールが迎える結末に大きな影響を与えると言っても差し支えはない。

開幕節、土曜日のランチタイムキックオフで行われたこの一戦は、これから並々ならぬシーズンがやってくることを我々に予感させるものだった。93分にミゲル・ブリトスがヘッドを叩き込み、ヴィカレージ・ロードが歓喜に沸いた3-3のドローゲーム。そこから次回対戦でワトフォードの監督が変わっていることを予想できた人こそ少ないだろうが、その予感は間違っていなかった。

優勝は別としても、2位以下の争いはまだ全くわからない。リヴァプールは現在4位だが、2位ユナイテッドともまだ5ポイント差、3位のスパーズはしばらくケインを欠く。だが逆に言えば、5位にはチェルシー、6位にはアーセナルがいる。そして何より、彼らにはCLでの戦いが残されている。あれだけいたイングランドのチームは、あっという間に残り2つだ。

そう、リヴァプールは、未だ多くのものを背負っているのだ。だからこそ、この試合で、彼らは再び立ち上がらなければならない。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ