今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第30節マンチェスター・ユナイテッド対リヴァプールの前半14分に決まった、マーカス・ラッシュフォードの先制ゴール!

その2分前、すでに怪しい兆候はあった。

ユナイテッドが左サイドからスローインした場面だ。逆サイドから流れたマタが、足下に受けると見せかけ、チェックの動きでエムレ・チャンのマークを外す。そして相手サイドバック、アーノルドの背後へ走り抜けた。そこへ、ヤングから浮き球パスが出る。

この場面はDFロヴレンがカバーに走り、マタにスピード勝ちして事なきを得たが、リヴァプールで気になったのはDFファン・ダイクのポジションだ。DF間の距離を保とうとボールサイドへ絞る意志がなく、ギャップが生じている。DFアーノルドもマタの飛び出しに気付くのが遅く、中盤の3人もプレスバックしない。センターバックが仕掛けられたとき、カバーリングが利きづらい状態になっていた。

その直後、モウリーニョはいつものように、何やらメモを取る。まったく別の件かもしれないが。

そして2分後の前半14分。ユナイテッドがGKデ・ヘアのゴールキックで再開した場面を迎えた。ハイボールをDFロヴレンと競り合ったルカクが、ヘッドフリックで後ろへ流し、左からラッシュフォードが飛び出す。予測して、というより、示し合わせて飛び出した形だろう。

やはりリヴァプールは、DFロヴレンが空けたスペースをカバーする意識が薄く、ギャップが生じている。DFアーノルドを振り切ったラッシュフォードは、足を止めずに頭でボールを突いてさらに加速。一気にペナルティーエリアへ侵入した。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ