さて、ポール・ポグバである。モウリーニョ監督が「中盤の左インサイドがベスト」と語ったため、リヴァプール戦でもポグバが最も得意とするポジションで使われるはずだ。しかし、運動量とプレーの強度を意識しないかぎり、標的になりかねない。疲労が蓄積しているのか、ハムストリングの負傷が完治していないのか、プレーに関与すべき場面でも歩いていたり、傍観者を決め込んだり……。リヴァプールの攻撃はマンチェスター・シティから4点を奪い、前線と中盤の連動性はだれもが認めるところだ。ポグバの不注意が大きなほころびとなり、さしものデヘアでも対応不可、というシーンも十分に考えられる。

2018年に入り、リヴァプールは6勝1分1敗、ユナイテッドは6勝2敗。両チームとも順調にポイントを増やしているが、試合内容は雲泥の差だ。マージーサイドの名門は充実し、直近5試合も13ゴールの荒稼ぎだ。ユナイテッドは直近5試合で6失点。降格ゾーンに沈むクリスタルパレスにも2点を奪われている。本拠オールド・トラッフォードの一戦であっても、苦戦は免れない。

ユナイテッド対リヴァプール戦は、3月10日(土)午後9時15分からJ SPORTS 2でライブ中継いたします。

photo

粕谷 秀樹
月刊ワールドサッカーダイジェスト初代編集長を務めた。海外サッカーの解説者としても活躍。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ