対照的なのは監督人事だけではない。ワトフォードは、アーセナルが近年抱えるリーダーシップ欠如の問題とは無縁のクラブだ。彼らにはFWトロイ・ディーニーという絶対的リーダーがいるのだ。今季は控えに回ることもあったが、新監督からは絶大の信頼を得ており、ここ4試合で3ゴール。

さらにディーニーといえば、今季最初の対戦でアーセナルを撃破したあと、『BT Sport』の番組に出演して「もうヴェンゲルが敗因をPKのせいにしているが、彼らの敗因は根性がないからだ」と言い放っていた。息子がアーセナル・ファンだから嫉妬心も少しはあると思うが、「最初に思い切りぶつかってやるんだ」といつもフィジカルな戦いに持ち込んでいるという。

アーセナルは、昨季の1月のホームでの対戦も敗れており、ワトフォード戦は2連敗中。さらに最近は前節のブライトンを含めて公式戦4連敗を喫していた。もちろん、ヨーロッパリーグのミラン戦で連敗を止めたのだが、ミランにはタッチラインにこそ強面な男がいたが、ピッチ上にはディーニーのような武闘派はいなかった。

さてさて、対照的なクラブ方針が交わる勝負の行方は?

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ