勝てば官軍、負ければ賊軍というが、本当にそうなのか。フットボールの“犯罪者”も、勇敢な弱者も、敗れれば同じ賊軍なのか。前節のプレミアリーグは、それを考える良い機会となった。

どちらのチームが「フットボールの犯罪者」なのかは言うまでもない。先週のマンチェスターCとの大一番で真っ向勝負を拒否したチェルシーのアントニオ・コンテ監督は批判の的となっている。

シティ戦後の会見で「今日の試合に関しては悔いがない」と、率直にシティとの実力差を認めたコンテだが、BBCではチェルシーOBのルート・フリットが同指揮官の采配を完全否定。スカイスポーツの解説者ジェイミー・レドナップに至っては「今日のチェルシーはアンチフットボールであり、フットボールの犯罪だ」と辛らつなコメントを残した。選手たちからも戦術について不満が漏れる始末だ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ