3戦連続2位ながら絶対王者が前人未到のV7を決める

五輪の熱気をそのまま継承した秋田たざわ湖大会の2戦が終わった。男子は堀島行真(JPN)が連続優勝。トレンブラント大会から数えて3連勝の快挙で、五輪の雪辱を果たす。また、両大会とも2位がミカエル・キングズベリー(CAN)、3位がドミトリー・レイヒャルド(KAZ)という結果に。これで、キングズベリー(総合840点)のW杯総合7連覇が決まり、レイヒャード(540点)が2位を守り、3位が堀島(441点)に浮上した。342点で4位の遠藤尚(JPN)は引退を決め、残りの大会には出場しない模様。5位のマット・グラハム(AUS)は334点なので、残る2戦を連続優勝しても534点にしかならず、レイヒャルドの3位以上が確定。そして、堀島は日本人男子過去最高位である総合2位を狙えるポジションに立った。

ミカエル・キングズベリー、堀島行真、ドミトリー・レイヒャルド

五輪では悔しい思いをした堀島が五輪を挟んでまず2連勝。レイヒャードもしっかり3位をキープした

遠藤尚

西伸幸とともに、今大会を最後にW杯から引退する総合4位の遠藤尚。日本男子のレベルを押し上げた両者を称えるセレモニーも開かれた。

依然、大混戦が続く女子は最終戦まで目が離せない

ジャスティン・デュフォー-ラポイント、ペリーヌ・ラフォン、キートン・マッカーゴ

第8戦秋田たざわ湖大会モーグル女子では、1〜2位がラフォン、ジャスティンと平昌五輪と同じ顔ぶれになった

一方、女子は初日のモーグルで、ペリーヌ・ラフォン(FRA)が優勝。2位はジャスティン・デュフォー-ラポイント(CAN)で、キートン・マッカーゴ(USAが3位。2日目のデュアルモーグルでは17歳のテス・ジョンソン(USA)が初優勝。2位はブリトニー・コックス(AUS)、3位は初表彰台となるラウラ・グラーゼマン(GER)という意外なリザルトとなる。

このように日本での表彰台の顔ぶれがバラバラだったため、混戦模様は変わらない。現在総合1位のラフォンが527点なので、数字の上では7位のジョンソン(341点)までに逆転の可能性がある。まだ、平昌五輪金メダリストが圧倒的有利とは言い難い状況だ。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合・フリーライドワールドツアーを配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ