小林潤志郎・小林陵侑

岩手が生んだ【左】小林潤志郎(雪印メグミルク)と小林陵侑(土屋ホーム)兄弟

北欧ノルウェーシリーズが始まる。
これは『RAW AIR』(ロウエアー:新鮮な空気が吹きつける)として2年目の開催だ。
いわばノルウェーバージョンのジャンプ週間のような大会で、オープニングのオスロ・ホルメンコーレンW杯から1994五輪開催地のリレハンメルW杯、北極海に面した港湾都市トロンハイムW杯を経て、雄大なフライングいわゆる飛ばせ台のビケルスンW杯までの個人戦5試合と団体戦1試合が行なわれる。
それも1試合ごとのW杯優勝とともに、RAW AIR個人総合優勝が決められる。
そこで選手にとっての難関は予選を含めると、移動しながら連日ジャンプ台で飛び続けるというスタミナがものをいうシリーズになる。
「さすがに、しっかりとしたメンタルをもって強い心意気で飛ばなければ、どうにもならない試合なんですよ」
大いなるベテランの葛西紀明(土屋ホーム)でさえ、タフな1週間に少々つらさを口にしてやまない。

このオスロのジャンプ台は、2011世界選手権を機に改修されて扇形の荘厳なシャンツェに生まれ変わった。その表彰式では軍楽隊の奏でる国歌が心地良い。
しかも昔であればサッツの横にひとりホーンの楽隊員がたたずみ、選手がスタートを切るたびにそれを長めに吹き鳴らして、観客に知らせていた。
こちらはその音色に合わせカメラのファインダーをのぞいていたりした。

葛西紀明

ファンの皆さんに五輪応援のお礼を言いたいと2月後半の国内試合に出場した葛西紀明(土屋ホーム)

日本チームは、札幌に残り右肩故障の治療に専念する伊東大貴(雪印メグミルク)と入れ替わりにメンバー入りした佐藤幸椰(雪印メグミルク)が、小柄ながら、その持ち前のダイナミックな筋力でスピードジャンプをみせる。この北欧RAW AIRはとくに良き経験になってきそう。
W杯後半戦において昇り調子にあるラハティW杯7位小林潤志郎(雪印メグミルク)と同6位の小林陵侑(土屋ホーム)兄弟は、それこそ伸びやかなジャンプですべての試合でひとケタ台を狙っていく。
中堅の実力派で安定する竹内択(北野建設)は、フライングではいくらかの苦手意識がありそうとはいえ、ラージヒルにおける果敢なジャンプに期待だ。
そして、しんがりを務めるのがわれらのノリさんだ。
今シーズンのフライングジャンプは、バドミッテンドルフ(オーストリア)の1本目5位をはじめ、オーベルスドルフ(ドイツ)のフライング世界選手権1本目3位の飛距離218.5mといい、とことん熱くなるのが葛西選手らしい真の姿。そこで往年のカミカゼスタイルを呼び込む力強さにあふれている。
もちろんRAW AIRのピークを体調が持ち直してくる最終ビケルスンのフライング2試合にぴったりと合わせてくるのだった。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合・フリーライドワールドツアーを配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ