★★★:今村佳太(新潟アルビレックスBB #30)

1戦目が18点でEFF22、2戦目は19点に加え8リバウンド、EFFも28という素晴らしい数字を残し、故障者がいるといえ激戦の東地区で首位を維持するアルバルク東京相手の2連勝に大きく貢献した。3Pシュートを得意としているといえ、基本的にヘルプ・ディフェンスをしない相手ながら、チームメイトがクリエイトしたチャンスを確実に生かし、2試合で12本中9本成功という数字は見事と言うしかない。2試合連続で自己最多得点を更新した今村は、新潟生まれで新潟経営大出身のルーキー。この大活躍は、チームの将来を考える非常に明るい材料と言えよう。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ