同じ失敗を繰り返さない。これが、ペップ・グアルディオラの流儀である。2月25日、超満員の観客を集めたウェンブリースタジアムで、アーセナルは“二匹目のウィガン”になることができず、マンチェスター・シティが当然の如く、カラバオカップ(リーグ杯)を手中に収めた。

ペップにとって記念すべき、イングランドでの初タイトル。そしてこれが、”First of many”となるであろうことも、また言わずもがなだ。

物語はまだ始まったばかりである。シーズンの始めに「目標はリーグ杯優勝」と宣言する監督はいないし、当然シティにとってこの大会は“おまけ”に過ぎない。とはいえ、今後待ち受ける真の勝負を考えれば、控えメンバー主体で勝ち進み頂点に立ったという自信は、間違いなくあって損のないものになる。何せこの段階でまず一つ有形の功績を得るのは、決して気分の悪いことではないはずだ。

何を隠そう、昨シーズンのマンチェスター・シティは、何一つとして勝ち取ることができなかったのだから。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ