ソトニコワ、リプニツカヤ、トゥクタミシェワ、ラジオノワ、ポゴリラヤ、メドヴェージェワ…ここ数年、ロシアからの女子選手はまるでこの国の名物マトリョーシカ人形みたいに、次々と国際大会で頭角を現し、表彰台に登った。
4年間の集大成である今大会も、やはりロシア女子によるワンツーフィニッシュとの結果になった。しかし、マトリョーシカ人形の一番奥には一番小さい入れ子が入ってるように、最後に勝ち抜いたのは、15/16シーズンから各大会で圧勝してきたメドヴェージェワではなく、出場する全選手で最年少のアリーナ・ザギトワだった。

1位 アリーナ・ザギトワ

239.57(SP:82.92 /1位、FS:156.65/2位)
アリーナ・ザギトワ選手 選手

15歳の少女が女王の座に就いた。今シーズン出場したすべての大会で優勝し、平昌団体戦のフリーでも自己ベストを更新したザギトワは、個人戦のショートで破竹の勢いに乗り、非常に余裕のあるのジャンプと高い加点がつくスピンとステップで、見事に世界最高得点を塗り替え、1位に立った。
決勝のフリーは、基礎点を高めるため、高難度の3ルッツ+3ループのコンビネーションを含め7つのジャンプを全部演技後半に詰め込む、極めてリスキーなプログラムだった。それでも、前季からほとんどミスをしたことがない。しかし、金メダルを狙う緊張からか、演技後半に入り、最初のコンビネーションジャンプが単独に終わってしまった。ほとんど調整する余裕がない構成で、リカバリーするのが難しかったが、「体は練習でやってきたことを覚えていた」と本人が言ったように、その後のジャンプに全く影響が見えず、全て高く跳べきれいに降りた。そして、演技終盤の単独予定の3ルッツに見事に3ループを付けた。その結果、自己ベストには届かなかったが、156.65点の高得点を叩き出し、総合得点で1位に立ち、タラ・リピンスキーに次ぐ史上2番目に若い五輪女王となった。
「満点が5点なら、今日の演技には4点を付けたい。特別な試合という感じはしなかったが、ミスが許されないので、いいモチベーションと緊張感を持って臨んだ」と大会を振り返ったザギトワ。高い技術力ももちろんだが、プレッシャーに負けない勝負強さこそ、金メダルの鍵になったのであろう。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ