欧州vs北米、新vs旧、新鋭vs経験、閑静の中に潜む奔放vs情熱の中に隠れる冷静…
ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組とテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組はいろいろな角度から見ても対照的だ。
だが、2組に共通しているのは、ほぼ非の打ち所のない技術力と見る者が息を呑む表現力。今大会で共に自己ベストを超えたこの二強による金銀争いは、まさに歴史に残る頂上決戦だった。

テッサ・ヴァーチュ選手/スコット・モイア選手

テッサ・ヴァーチュ選手/スコット・モイア選手

1位 テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア

206.07(SD:83.67/1位、FD:122.40/2位)

日進月歩のフィギュアスケートの世界で、五輪3大会連続表彰台に上がり、しかも8年ぶりに再び最高峰に登るのはどれほど難しいことなのか、想像がつかないのだ。しかし、ヴァーチュ/モイアはそんな偉業を達成した。
団体戦でショートとフリー両方に出場し、カナダの金メダルに大きく貢献した二人だが、個人戦のショートから全く疲れが見えず、むしろより調子を上げたようだった。正確さが求められるエレメンツをすべてきちんとクリアした結果、自分自身が持つショートの世界最高得点を塗り替え、1位につけた。
決勝のフリーダンスでは最終滑走。前に出場したパパダキス/シゼロン組が世界最高得点を叩き出した結果、二人は自己ベストを3点以上超えないと勝てない状況に置かれた。そんなプレッシャーの中、ベテランの二人は冷静な表情で「ムーラン・ルージュ」を滑り出した。音楽のリズムとピッタリと一致するツイズル、キレのあるステップ、曲のクライマックスに合わせたリフト…二人は一個一個のエレメンツを余裕で成功させながら、感情たっぷりの演技で会場を沸かせた。得点は自己ベストより4点も上回り、フリーで2位に付けたが、総合得点では1位に立ち、8年ぶりに金メダルを手に入れた。
「今日のパフォーマンスは記憶に残る特別なものだった。金メダルはケーキの上のさくらんぼ(この日を完璧にするもの)。」試合後、バーチュは嬉しそうに語った。2回目の優勝と初優勝の違いについて聞かれたモイアは「今回は極めて違うんだ。前回は自国開催だったので、それはそれで忘れられない経験だが、8年も経って、私たちはアスリートとしても、人間としても、全く変わってきた。もちろんスケートに対する愛には変わりがないが、今回は自分たちのために滑った。お互いのことを思いながら、心を込めて滑った。大きな達成感を感じた」と答え、感極まった。
個人金2、個人銀1、団体金1、団体銀1、五輪史上最もメダルを獲得したアイスダンサーになったヴァーチュ/モイアのストーリーは、何年経ってもスケート界に語り継がれるのであろう。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ