ソチからの4年間、男子シングルは大きく変わった。4年前、ショートに1本、フリーに2本の四回転ジャンプを降りれば、上位を狙えた。4年後、若手選手が次々と台頭し、より難易度が高い複数の4回転ジャンプを武器に、円熟なスケーティングと演技力を持つベテランたちと激しい戦いを繰り広げた。
その中で、4年間かけて変わらなかったのは、王者はやはりあの人だ。

1位 羽生結弦

317.85(SP:111.68/1位、FS:206.17/2位)
 羽生結弦選手

羽生結弦選手

フィギュアスケートの世界では数多くの優秀なスケーターがいる。その上には偉大なスケーターがいる。さらに上には、「リビングレジェンド」と呼ばれる生きる伝説がいる。羽生結弦はそこに属する。今大会を見て、率直にそう思った。
世界が疑問を抱いていた。「11月に負傷してからずっと試合に出ていない羽生結弦が果たして五輪に間に合うか。出場できても実力を発揮できるのか。」
2月16日に行われたショートプログラムで、羽生は完璧な演技と歴代2位の高得点で、「五輪王者が帰ってきた!」とその疑問に答えた。それでも、体力がより求められるフリープログラムを滑りきれるか。世界が息を凝らして、決勝のフリーに目を向けた。
言わずと知れた名プログラム「SEIMEI」。ロシア杯の時と比べて難易度は下がったが、それでも4サルコウ2本、4トーループ2本、それに複雑なつなぎが入ってる挑戦的な構成だ。冒頭の2本の4回転で満点のGOEが付けられるほど完璧だった。抑揚のあるステップシークエンスで魅せ、演技後半の4サルコウのコンビネーションジャンプもきれいに降りた。しかし、練習不足による体力の影響からか、その後の4回転トーループでステップアウトして単独になってしまい、最後の3ルッツの着氷も乱れた。
それでも、他のエレメンツで高いGOEを稼ぎ、演技構成点も高く評価された羽生にとって、勝つには十分だった。フリーの順位は2位だったが、総合得点317.85で1位に立ち、男子シングルで66年ぶりとなる五輪連覇を成し遂げた。
優勝の結果がアナウンスされ、グリーンルームで待っていた羽生は歓喜の涙をこぼした。試合後の記者会見でも、2度の五輪王者が感情を抑えきれず、「今日はスケート人生で最高の日だ。涙は心の中からだ。今の気持ちを一言でいうと、本当に幸せです」と語り、感極まった。 「ソチオリンピックの時とは違って、非常にたくさんの思いを込めてこの金メダルを取りに行きました。そして最終的に自分が思い描いていた結果になり、自分が思い描いていたメダルをかけていることが本当に幸せです」と振り返った羽生。4年間様々な壁を乗り越え、男子シングルのレベルを引き上げつつ、再び最高峰に登った彼は、もはやスケート界のGOAT、「Greatest of All Time(史上最高)」の領域に入ったであろう。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ