今季から一軍のヘッドコーチ兼打撃コーチを担う平石洋介氏は、昨季まで2年間、ファームで指揮官を務めた。

その時にもよく話していたのが、「走塁への意識」。ヒットが出なくなったとしても、次の塁を陥れることをスキなく考えて動けば、「ミスのスポーツ」とも言われる野球では得点の勝機が生まれる。

今季の楽天イーグルスは、走塁改革を大きく掲げているという。そのことについて尋ねた。

◆盗塁数だけでなく、ノーヒットでも1点をもぎ取る姿勢

「ただ、盗塁数を増やせばいいってわけじゃないんです。もちろん、それはそれで(盗塁数が増えれば)一つの武器になりますが、単純に1つでも2つでも先の塁を目指すことは当たり前のことなんですね」。

「では、そのためにどうするか。事前の準備、離塁するまですべてを冷静に頭で整理しないといけない」と平石コーチ。

ただし、盗塁のゴーサインである“グリーンライト”なら、一目散に先の塁を陥れなければならない。それでも無理な時はある。ただ、その時にも、どんな時も、「決めつけない、力は抜かない」ことを信条に掲げる。

「相手がいつミスするかもわからない。最後の最後まで、常に伺うという姿勢が大事になってくるんです。それは二軍の時からもうるさく選手に言ってきました」。

「というのも足が速い遅いは関係なく、誰にでもできることですから。外国人選手も含めてね。走塁改革というのは、盗塁数とか数字にならないところでも、いかに相手にプレッシャーをかけて揺さぶるかということでもあるんです」。

「だから、一塁の駆け抜けもセーフになるために走る。そうすると実際に相手がミスしたときにも、例えば『楽天はミスしたら、とことんつけ込んでくるな』となります。相手もミスが許されなくなる、そういう意識になるように変えていきたい」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ