北極圏からの冷たい風が猛威を振るい、開幕4日前の朝にも、ニースの浜辺に白い雪を降らせた。だけどパリ〜ニースが、きっと今年も、プロトンに春を連れてきてくれる。一行がパリ郊外を走り出す週末までには、予報によると、氷点下の世界とはきっぱり別れを告げている。しかも雨模様の北を抜け出すと、地中海岸では明るい陽光が待っている。「太陽へ向かうレース」の別名は、伊達ではないのだ。

「ミニツール」という愛称でも良く知られるが、今年に限って言えば、本家ツール・ド・フランスでもめったに見られないほどのスタースプリンターが勢揃いする。キッテル、グライペル、クリストフ、デゲンコルプ、フルーネウェーヘン、ヴィヴィアーニ、トレンティン、デマール、ブアニetc……。まるで玉突きのようにチームを移籍した3人組(ヴィヴィアーニ→キッテル→クリストフ)の新列車の仕上がりは見ものだし、因縁のブアニvsデマールならぬ、同じチーム内での「絶対リーダー」ブアニvs「新リーダー」ラポルトの動向も気になるところ。昨夏シャンゼリゼで24歳のフルーネウェーヘンが栄光を掴んだのだとしたら、中東でキッテルその他を蹴散らして優勝をさらった23歳のフィル・バウハウスが、今大会はトップスプリンターの座に駆け上がってしまうかもしれない。

お知らせ

シーズン本格開幕!"ミニ=ツール・ド・フランス"
■パリ〜ニース
3月4日 (日) 午後11:20〜 生中継&LIVE配信
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ