大谷翔平の試合出場が近付いてきた。エンジェルスは現地時間2月23日(金)のアスレティックス戦を皮切りに、オープン戦を戦う。

以前のコラムで、大谷のオープン戦デビューが投手に決定したことを伝えたが、その日はいつになるのだろうか。現地時間の19日(月)にブルペンで20球を投げ終わった際、マイク・ソーシア監督は「次のステップに進む」と語っている。

「次のステップ」が見込まれていた現地時間21日(水)に大谷はブルペン入りせず、投内練習やライブBP、打撃練習などをこなしたのみ。だが、そこで指揮官から重要なアナウンスが入った。

「明日(現地2月22日)のブルペンが終わった後に、発表できるだろう」。

オープン戦1試合目の登板がないことも明言された。となれば、大谷の実戦初お目見えは、早くとも2試合目のブルワーズ戦になる。

デビュー戦の確定まではもう数時間待たなければならないが、ともあれ、ここまでは仕上がり順調のようだ。

それは、シーズンに入れば数多く大谷のボールを受けることになる正捕手マーティン・マルドナードの証言からも窺える。

「バットコントロールやボールのコントロールが印象に残っている。どれをとっても驚くような能力だ」。昨季のゴールドグラバーは「我々はワールドシリーズを目指す」とも語った。大谷とエンジェルスの試合まで、あとわずか。

★野球好きMLBキャンプinアリゾナ
〜大谷翔平所属ロサンゼルス・エンジェルス現地情報〜 放送予定

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ