勝田貴元

WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン WRC2カテゴリーにて初優勝を飾った勝田貴元選手

冬季オリンピックの韓国・平昌からメダル獲得の嬉しい速報が続々ともたらされていますね。
そして、雪と氷のWRCとして知られているラリースウェーデンのWRC2クラスでトヨタさんのGAZOO育成ドライバーとして参戦している勝田貴元選手が見事初優勝。ラリー界では久々の快挙がもたらされました。まずは、おめでとうございます。レーシングカート、そしてフォーミュラレースでステップアップしてきたら貴元選手が、ラリーへのチャレンジを開始して早6年。WRC2で2年。今後目指すWRCへのチャレンジがいつ開始されるか楽しみに待ちたいと思います。

さて、勝田選手の初優勝の一報で思い出したことがあります。
かつて、トヨタさんがレースとラリーで国際的に活躍できる日本人ドライバーを育成しようとしたこと。なにやら映画で見たような。海外の映画ではフランス映画の「男と女」。主人公は、ルマン24時間レースとモンテカルロラリーに出場。そして邦画では、「栄光への5000キロ」俳優石原裕次郎さんが主演、日産自動車さんが全面的に協力して<石原プロ>が製作。ずっと石原プロがDVD化を許可してくれなかったので、家庭では見ることができなかったけれど、数年前にOKが出されて、DVDが発売されているので興味のある方はどうぞ。主人公、五代高行=石原裕次郎はモンテカルロラリー、富士スピードウェイの日本グランプリでR381に乗り、そしてサファリラリーでブルーバード510SSSを駆る。日産のモータースポーツ部門の方々も登場していています。懐かしい顔が見られます。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ