2月17日、スーパーラグビー2018が開幕した。第1節は南アフリカカンファレンスの試合が行われ、ストーマーズがアルゼンチンのジャガーズを28−20で、昨年準優勝のライオンズがシャークスを26−19でそれぞれ破った。そして、第2節、いよいよ日本のサンウルブズが初戦を迎える。2月24日、秩父宮ラグビー場にて午後1時15分にキックオフ。相手は優勝2回、準優勝4回を誇るオーストラリアのブランビーズだ。

リーチ マイケル

強豪ブランビーズを相手にサンウルブズのリーチ マイケルがベールを脱ぐ

ブランビーズはオーストラリアカンファレンスの1位候補の一つ。4年間ヘッドコーチ(HC)を務めたスティーブン・ラーカムが去り、アシスタントコーチだったダン・マッケラーが昇格。マッケラーは現役時代、ルースヘッドプロップで、2005、2006はレッズに所属し、アイルランド、スコットランドでもプレー経験がある。どんなチームを作るのか注目されるが、もともとセットプレーは安定感あるチーム。ここはさらに強化してくるだろう。

選手層は厚く、CTBテヴィタ・クリンドラニ、WTBヘンリー・スパイトらオーストラリア代表選手を擁し、大型で突破力ある選手が揃う。日本のパナソニック ワイルドナイツで活躍したFLデービッド・ポーコックもチームに復帰。ただし、膝の怪我で序盤戦は欠場する。マッケラーHCは世界屈指のオープンサイドFLであるポーコックの代役として、ラクラン・マカフリー、ロロ・ファカオシレアを考えているようだ。マカフリーは2014年からイングランドのロンドン・アイリッシュ、レスタータイガースでプレーし、今季、ブランビーズに帰ってきた。ファカオシレアは、トンガの血を引き、叔父は怪物WTBと呼ばれたジョナ・ロムー。FW第三列の編成も気になるところだ。

お知らせ

\2月17日(土)開幕/
J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ