★★★:ロバート・ドジャー(三遠ネオフェニックス #2)

中地区2位争いから脱落を回避するという点で、ホームで低迷する横浜ビー・コルセアーズから連勝したかった三遠。その原動力となったのが、故障で出遅れていたドジャーで、1戦目が24点、11リバウンドのダブルダブル、2戦目も23点をマークした。特に2戦目は最大で17点差をつけられた前半で13点を奪い、チームを牽引しなければ、土壇場での逆転勝利もなかっただろう。この2試合は10本中6本成功と3Pシュートが好調だったことに加え、アシストも8本と得点機会のクリエイトでもいい仕事をしていた。シーズン序盤に故障で長期間離脱していただけに、三遠のチャンピオンシップ進出のカギを握る重要な存在として、今後のプレーは注目に値する。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!
2月もNCAAバスケットボール 17/18!八村塁 (ゴンザガ大学)、渡邊雄太(ジョージワシントン大学)出場予定試合を配信!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ