「中盤センターの人材を欠いているにもかかわらず、なぜフランシス・コクランをバレンシアに放出したのだろうか。ミケル・アルテタ(現マンチェスター・シティ/コーチ)が去って以来、このポジションは不安定なままだ」

「アルセーヌ・ヴェンゲル監督は時代の波に乗って3バックを採用したが、守備の方法論に明るくないのだから、チームが混乱を来たしたのは当然だ」

「前半は12失点。後半は2倍の24失点。ペース配分がまったく分かっていない」

「アウェーではたったの13ポイント……。チャンピオンズリーグの出場権奪還は難しい」

アーセナルを批判する声があちらこちらから噴出している。今シーズンは期待外れのパフォーマンスも少なくないため、OBや各メディアの担当者も腹に据えかねているようだ。そして、弱り目に祟り目……。27節のノースロンドン・ダービー終了後、アレクサンドル・ラカゼットが膝を緊急手術。復帰は最短でも6週間といわれているため、この間に行われる8〜9試合を欠場することになりそうだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ