スーパーラグビーには、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、そして日本の5カ国のクラブが参加している。各代表クラスの選手がプレーし、そのレベルは国代表同士のテストマッチに匹敵する。ただし、プロリーグであるスーパーラグビーは観客を魅了するプレーが連発するのが特徴だ。代表選手はコンディションにも配慮し、すべての試合に出てくるわけではないが、本欄では、見ておくべき個人技を持つ3選手を紹介しておきたい。

ボーデン・バリット

ハリケーンズのSOボーデン・バリットは「史上最高の10番」と言われるまでになるかもしれない

まずは優勝候補の一角であるハリケーンズのSOボーデン・バリット。1991年5月27日 生まれの26歳。昨年は「World Rugby Awards2017」で、2年連続の年間最優秀選手を受賞。名実ともに現在世界最高の選手である。2015年ラグビーワールドカップでニュージーランド代表オールブラックスを2大会連続の優勝に導いたSOダン・カーターの後継者として、その後のオールブラックスをけん引。カーターは、パス、キック、ラン、タックルとすべてのスキルに優れた完璧なプレーヤーだが、バリットはさらにカーターを超える快足を持ち、キックやパスでゲームをコントロールするだけではなく、抜群の加速力でディフェンダーを置き去りにする。身長187僉体重92圓函▲汽ぅ困皀ーターより大きく、経験値を積み重ねていけば、「史上最高の10番」と言われるまでになるかもしれない。スーパーラグビーは2011年にデビューし、ハリケーンズの不動のSOとして活躍してきた。昨年から弟のFBジョーディー・バレット(195僉95圈21歳)が同チームに加入、今年も兄弟で大活躍する姿がみられそうだ。

お知らせ

\2月17日(土)開幕/
J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ