多くの高校生を獲得した昨年のドラフト会議、スタートを切った2軍の読谷キャンプも活気に満ちている。

プロ1年生、何も分からない選手をコーチ陣は1つ1つ、丁寧に教えている。1軍の競争とは少し空気感は違うが、これも立派なキャンプだ。

指導を受ける伊藤康祐

ベンチ前、英智コーチが高校生ルーキー伊藤康祐に熱心な指導をする。「一気に全部をやろうとするな。まず大事な事は捕る」。

「捕る前からステップを考え送球を考えてはまだ早い。動きが小さくなる。外野手はダイナミックに大きな動きから作るんだ」。伊藤は英智コーチの言葉を丁寧に頭にインプットしていく。

渡邊コーチはルーキー高松に基礎を教え込む。重心を低く左のつま先を上げながら捕ると同時に、左に体重を乗せる。スローモーションを見るくらい、ゆっくりと丁寧に動きを教えていく。

ブルペンでは高校生No.1右腕と評された石川翔が、素晴らしいボールを投げ込んでいる。そして何より、彼が持つ負けん気の強さは、話していてもひしひしと伝わってくる。

石川は「同期の清水や山本には負けたくない。それ以上に悔しいのは鈴木さん(鈴木博志)だけ1軍で、僕が2軍て事です。毎日、鈴木さんのブルペン映像見てます。負けたくないんです」と話す。ここまで負けん気を出す若者は久しぶりだ。

しかしこうも言う。「これまでその気持ちで失敗して来た部分もあります。周りに気を取られ、すぐに自分のペースを忘れてしまう。熱くなってしまう。だからプロで最初のキャンプは焦らず基本、基本からと自分に言い聞かせています」と教えてくれた。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド/

中日ドラゴンズ戦はオープン戦、公式戦の主催試合を合わせて60試合以上LIVE配信します
中日ドラゴンズ主催試合をご覧いただくには中日ドラゴンズ戦シーズンパックがお得です。

●中日ドラゴンズ戦シーズンパック:8,000円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で4,000円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ