そういえば、最近プレミアリーグでも似たような神頼みのパスを見た気がする。今冬の移籍市場で一発逆転を狙ったアーセン・ヴェンゲルである。アレクシス・サンチェスとヘンリク・ムヒタリアンの交換は、それほどのギャンブルだったはずだ。だが追い込まれていたからこそ、ムヒタリアンだったのかもしれない。「旧ソ猫を噛む」を期待して!

でも、まさかホームデビュー戦で3アシストを記録するとはヴェンゲルも予想しなかったはずだ。同じく新戦力のオーバメヤンのデビューゴールもあり、久しぶりに本気でニヤつくヴェンゲルを見た。だが安心するのはまだ早い。特に旧ソビエトの選手は、アンドレイ・アルシャヴィンのケースがあるから喜ぶのは時期尚早だ!

いずれにせよ、トッテナムの“ホームゲーム”としてウェンブリーで開催される、最初で最後(スパーズの新スタジアム完成が来季までに間に合えば!)のノースロンドン・ダービーは、スーパーボウル以上の熱気に包まれることだろう。

「フットボールの大聖堂」。かつてペレがそう称えたスタジアムで聖母マリアへの祈りが通じるのは、果たしたどちらのチームなのか!?

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ