現地時間の2月7日に行われたFAカップ4回戦で、トッテナムはニューポート・カウンティ(リーグ2=実質4部)に2−0の勝利を収めた。ソン・フンミンは62分でクリスティアン・エリクセンと交代し、デレ・アリは79分からヴィクター・ワニャマに代わって出場。前節のリヴァプール戦で負傷明けとは思えないスーパーミドルを叩き込んだワニャマは、フィジカルを急ピッチに仕上げているところだ。中二日で週末のアーセナル戦に先発するのは難しいが、そのほか3選手に支障はない。

また、FAカップをベンチで観戦したハリー・ケイン、ダビソンソン・サンチェス、キーラン・トリッピア、完全休養となったウーゴ・ロリス、ヤン・フェルトンゲン、エリック・ダイアー、ベン・デイビス、ムサ・デンベレといった主力は、ノースロンドン・ダービーでもおそらく先発してくるだろう。

さて、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、研究熱心なことでも知られている。アーセナル対策にも怠りはない。いや、アルセーヌ・ヴェンゲル監督のゲームプランは不変であるため、先刻承知と表現した方が適切だ。ポゼッションにとらわれすぎた結果、守備のディシプリンを放置してきたツケを何年も払い続けている。メスト・エジル、ヘンリク・ムヒタリアン、エリック・オバメヤンが構成する前線は魅力的であるものの、今シーズンも最終ラインの不安はまったく解消されていない。数的優位で慌てたり、フリーにもかかわらず致命的なエラーを犯したり……。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ