春季キャンプの始まりは、プロ野球選手にとって「お正月」とも言われる。新しいシーズンを迎え、スタートを切るのだ。

今季、楽天イーグルスにとって「優勝」という目標は、今までにないほど実現させるムードに満ちている。自分は今ここで何をすべきなのか、チームにどう貢献するのか。選手たちは具体的にプランを描き、練習に勤しむ。

アピールの場でもある一軍キャンプは、競争の原理もさらに激化した。そうした中、選手それぞれに、J SPORTS恒例「キャンプの目標(テーマ)」を尋ねた。頑張る選手たちのキャンプでの様子や今シーズンの進化を見る参考にしてほしい。今回は投手編。

◆キャンプの目標:投手編

1 松井裕樹 … 右打者の内側のスライダーと左打者の内側のストレートを鍛える
11 岸 孝之 … 特にありません
12 近藤弘樹 … 腕を振って投げる。低めへの制球を意識する
14 則本昂大 … ケガをしないギリギリまで体を追い込む
15 美馬 学 … 去年と同じように準備をする
16 森 雄大 … 再現性の高いフォーム作りをする
19 藤平尚真 … コンスタントに150キロが投げられるように球速UPしたい
20 安樂智大 … ケガをしないようにする
22 戸村健次 … 体が開かないようにステップを修正する(真っ直ぐ足を踏み出す)
28 小野 郁 … どの球種でもストライクが取れるようにコントロールを磨く
30 池田隆英 … ストレートのキレを上げる。岸さんや則本さんを見て学ぶ
38 西宮悠介 … まずは力強いボールの投げ込み、それからストライクゾーンへの投球へ
43 宋 家豪 … ブルペンで球数を多く投げる。紅白戦、オープン戦でアピールしたい
45 菅原 秀 … 体の芯、体幹を鍛える
46 濱矢廣大 … フォーム固めと強い球を投げること
47 渡邊佑樹 … ケガをしないようにする。先輩たちから色んな事を吸収したい
53 高梨雄平 … ストレートの強さと精度を磨く
56 寺岡寛治 … ケガをしないような体作り
58 辛島 航 … ケガをしない。ラクに投げることを意識しない
60 古川侑利 … 真っ直ぐの質と精度を高める
93 コラレス … 安定してストライクが取れるようにする
98 今野龍太 … オープン戦まで1軍に帯同してアピールする

やはり目を引くのは、岸の「特にありません」だろう。特にないからといって、キャンプを漠然と過ごしているかと言えば、むしろ正反対だ。

楽天に加入した昨季のキャンプから、誰よりも周囲が驚くハイペースでトレーニングをしていたことが思い出されるが、今季も黙々と付近を走り込む様子などが目撃されている。

シーズンを通じて活躍するトップ選手ほど、開幕までにしっかりと身体も精神も追い込んで、シーズンを戦い抜く準備をする。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
広島、中日、オリックス、楽天の春季キャンプを連日LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ