● VOL.1 全日本フィギュアを振り返って
● VOL.2 次世代の選手たち
● VOL.3 1998長野から2018平昌へ
● VOL.4 2018平昌オリンピック〜その先の未来へ

毎シーズンJ SPORTSウインターブログ「田村岳斗-華麗なる舞-」で、男子を中心にフィギュアスケートについて熱く語ってくれている田村岳斗コーチ。オリンピックイヤーの今シーズン、特別にインタビューという形で登場してくれました。平昌オリンピック、世界フィギュアに出場する宮原知子選手、世界ジュニアに出場する紀平梨花選手。初めてシニアでのシーズンとなった本田真凜選手、白岩優奈選手等、平昌オリンピックフィギュアスケート男子シングルの動向についてもおうかがいしました。

【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。現在、スケートコーチとして活躍する。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点にして、濱田美栄コーチとともにメダリスト育成に務める。

VOL.1
全日本フィギュアを振り返って

―全日本女子シングルフリーで宮原選手が素晴らしい滑りを見せてガッツポーズをしました。濱田先生同様、田村コーチも感動されていたのかなと思いましたが、キス&クライで冷静にスコアを見つめる姿が印象的でした。実際あのときはどのような心境でしたか?

ケガから復帰して4試合目でよくあそこまでやってくれたというホッとした部分はありました。ただあの時点ではまだ暫定の1位で、あとに滑る2人も力のある選手なので、順位はどうなるのか、と考えていました。結果ばかりを追ってもという考えもあるかもしれませんが、今回、宮原に求めたのは結果です。どんなにいい滑りができて演技内容的に満足できたとしても、勝てなければオリンピックにはいけない。4年前の埼玉でその悔しさは経験しています。内容がよかったからこそ、最終結果がまだ出ていない状況では心から喜べなかったです。あの時点であの日の僕の仕事は終わっていて、その後の事は僕にコントロールできる範囲ではないので、僕の心境は結果に関係ないんですけどね。最終滑走で優勝が決まっていたらまた態度は違ったかもしれませんが(笑)。

お知らせ

\フィギュア見るならJ SPORTSオンデマンド/
◆第67回全国高等学校フィギュア競技
男女シングルフリースケーティング 全滑走お届け!
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »
【ウインタースポーツパック】:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ