ワトフォードはエヴァートンからの相談に耳を貸さなかった。エヴァートンは1ヶ月以上粘り、最終的には1000万ポンドの違約金まで提示したが、ワトフォードは頑として世界有数の若手監督であるシウヴァを手元に残した。

気の毒なのは選手たちだ。日々激しい練習に明け暮れ、結果を出そうと頑張っているのに、その全てを取り仕切る人間は別のクラブに栄転しようとしていたのだから。組織され、見る者全てを楽しませるプレイでビッグ6の牙城を崩しかけたチームの姿は、蜃気楼のようにどこかへと消え、チームは(特に試合の最終盤で)よく集中を欠くようになった。

リーグ戦11試合で1勝という状況下で解任を決断したワトフォードの声明文には、シウヴァの職に対する集中力の欠如、そしてそのカタリストとなったのは「ある違法なアプローチ」だったという一文があった。誰からのものであるかは言うまでもない。

そして定型文とでも言うべき「○○(監督)の今後の幸運をお祈りします」という記述はなく、代わりに「クラブは迅速な次期監督決定を目指します」という冷淡なコメントがこの声明を締め括っていた。

実際にその日の午後、ワトフォードは新監督を発表した。そして多くの人(いや、一部メディアでさえ)がその名前を”Javi Garcia”だと誤認した。47歳のスペイン人、Javi Gracia(ハビ・グラシア)にとっては、あらゆる意味で理想的とは言えないスタートだろう。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ