誰しもが望まない結末だった。今後長期に渡って築かれるはずだった信頼関係は、シーズン開始からわずか3ヶ月で破綻の道を歩み始めていた。

今シーズン7人目の落伍者は、ワトフォードのマルコ・シウヴァだった。

昨シーズンはハルをグレートエスケープ未遂にまで導き、今夏鳴り物入りでワトフォードの監督に就任。開幕リヴァプール戦での鮮烈な3-3ドローでいきなり衝撃を残すと、アーセナルを破るなどして一時は4位にまで順位を上げた。

しかしその直後にターニングポイントが訪れる。ロナルド・クーマンを解任したエヴァートンがシウヴァに触手を伸ばしたのである。

シウヴァはエヴァートンに魅力を感じた。大幅な昇給、約束されたワトフォード以上の予算、そして何より、彼らはシウヴァに誠実な熱意を提示した。通常就任から半年も経たずに(しかも成功している状況で)他クラブへの移籍を希望することはほぼないが、選手時代は地味なライトバックとして母国のクラブを転々とし、監督として着実に成り上がってきた彼のキャリアを考えれば、シウヴァの気持ちがより大きいクラブに傾いたのも無理はない。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ