みなさん、こんにちは。新グッズの「裏返すと本物と見紛うほどのお好み焼きになる帽子」を見て、相変わらずグッズ開発部は弾けていると感動したザ・ギース尾関です。

さて、いよいよ2018年度のキャンプが始まりますね。我らがカープは3連覇目指しての戦いが始まるわけですが、気になるのは連覇をさせてなるものかというセ・リーグのカープ包囲網。

戦力的に大幅なダウンがないカープではありますが、去年以上に各球団がカープ対策を立ててくるのは明らかです。特に各チームにいる『元カープ』であったコーチや選手は、データはもちろん感覚的なもの含め、カープとの戦い方をチームに浸透させることでしょう。

そんな今季の各球団「元カープ」包囲網がこちら。

◆スワローズ

言わずと知れた去年までカープの中心にいた石井琢朗コーチ、河田雄祐コーチ。カープの攻撃を全て把握していたこの2人がヤクルトに移籍したということは、作戦やサインが全て流出するということでもあります。

先日、大野豊さんにお話を聞いたところ、こう言った場合はサインは全替えするとのこと。選手の癖、精神状態まで把握していた両コーチがヤクルトに移ることで選手もやりにくい部分が多いことでしょう。

さらにヤクルトは青木選手がメジャーから帰ってくるという、黒田さんの時と非常に似た状況でもあります。来年からの神宮戦は今まで以上に応援に気合が入りますね。

◆ジャイアンツ

カープから移った選手といえば大竹選手ではありますが、今年要注意なのはなんといっても豊田清コーチ。今年から一軍ピッチングコーチへと配属された豊田さんはご存知、元カープ。石原さんの事を「社長」と呼ぶほど仲が良くカープの雰囲気を肌で感じていた方です。

去年まではファームでコーチをされていましたがファーム日本一決定戦では、坂倉選手の時ピッチャーを森福選手に変え、結果的にホームランを打たれてしまったそうです。

先日、豊田さんにお会いした時、坂倉選手のセンスを褒めておられました。ファームのカープ選手まで把握している豊田さんは、大きな壁となって立ちはだかることでしょう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
広島、中日、オリックス、楽天の春季キャンプを連日LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ