まもなく四大陸選手権が開催される。先に始まるアイスダンスの競技は、例年ならアメリカとカナダのトップ・カップルによって上位争いが繰り広げられるが、オリンピック直前で全米選手権とカナダ選手権のメダリスト全員が欠場する中、いつもと違うダイナミックな場面が生まれるであろう。

次世代のエースによるアメリカ内戦

アイスダンス大国アメリカが派遣したのは、ケイトリン・ホワイエク/ジャン=ルック・ベイカー組、レイチェル・パーソンズ/マイケル・パーソンズ組、そしてロレイン・マクナマラ/クイン・カーペンター組だ。なんと、全員世界ジュニア選手権を優勝したことがあり、アメリカの次世代を担う期待の新星たちだと言えよう。

この中で先頭に立つのは2014年の世界ジュニア王者たるケイトリン・ホワイエク/ジャン=ルック・ベイカー組であろう。今季のグランプリ・シリーズの2戦ではそれぞれ4位と5位に入り、チャレンジャーズ・シリーズで2回も表彰台に上がったほど、世界のトップカップルとしての実力を見せ、地位を確立しつつある。ついに先日の全米選手権で、トップ3に匹敵できるほどの高い技術点を叩き出したことは、言葉に出さなくても「これからは私たちのことも見てください」と世界への強い発信だった。そして技術面だけでなく、正確なステップを踏みながらも余分の力を感じさせず、優雅な振り付けを軽やかに踊るのがこの組の特徴で、この特徴をよく活かした彼らのフリーダンス「愛の夢」にもぜひ注目したい。

2017年世界ジュニア選手権を優勝した後、今シーズンシニアに上がったレイチェル・パーソンズ/マイケル・パーソンズ組はまた一味違う特徴を持っている。それは、音楽に合わせプログラムの情緒をよく引き出せる彼らのリズム感だ。軽快なルンバの曲が入ったショートダンスも、笛の音が鮮明なエキゾチックなフリーダンスも、この兄妹組は曲を感じ取りながら、違うテンポに合わせて手足を動かし、躍動感のある演技を観客に届ける。シニアとして初めて出るISU選手権では、彼らはどんなパフォーマンスを出してくれるのか、実に楽しみだ。

お知らせ

◆全米フィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ