サッカー用語も、中国では基本的に漢字である。 「守門員」がGK、「後衛」がDF、「中衛」がMF、「先鋒」がFWとか、「越位」がオフサイド。「角球」はもちろんCKだし、「罰点球」はPKだ。これも基本的に英語の外来語を使っている日本とは違うが、漢字が読める日本人ならすぐにわかる。

ところで、中国語の単語の中には日本語と同じ言葉も多い。「政治」、「経済」、「社会」、「憲法」、「共産党」、「委員会」といった社会制度を表す用語の多くは日中共通語だ。 これは、早くから西洋の政治・経済・法律制度などを取り入れた明治時代初めの日本人が、西欧語の概念(東洋にはなかった概念)を漢字語に置き換える努力をしたからだ。中国人は、明治の日本人が翻訳した漢字語を介して西欧の制度を取り入れていった。その名残で、今でもそうした言葉が中国でも使われているのだ。 サッカー用語は日中交通ではない(第一、日本では「蹴球」というのに、あちらでは「足球」だ)。

それは、日本人がサッカーに取り組み始めた大正時代になると、日本人がいちいち漢字語に置き換える努力をしないで、「フォワード」とか「オフサイド」といったように、カタカナの外来語としてそのまま英語の用語を取り入れるようになっていたからだし、また、中国人はイギリス植民地となった香港や各国の租界が置かれていた上海を通じて、日本よりもずっと前からサッカーをプレーしていたからだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ