しかし2017年も終わり、迎えた新年初戦、ユナイテッドはエヴァートンに勝利。そこから流れが変わったのか、FAカップのダービー戦できっちり勝利を収めると、前節のストーク戦も快勝し、現在公式戦3連勝。その3試合ではいずれも複数得点でクリーンシートと、年越しを境に立て直しに成功した感がある。

そんな両者の前回の対戦は、何を隠そう両者が苦しい時期を過ごしていた12月の後半。ボクシングデーにオールドトラッフォードで行われた1戦は2-2の痛み分けに終わっていたが、この試合は両者にとって悔いの残るものだったに違いない。ユナイテッドは、ホームでポゼッション、シュート数でバーンリーを圧倒しながらも勝てなかったし、バーンリーは、2点をリードしながらも、アディショナルタイムに追いつかれてしまったからだ。

前回のリベンジを狙う両チーム、今回の対戦はバーンリーのホーム、ターフモアで行われる。これまでの対戦成績を見ると、バーンリーはユナイテッドとの公式戦直近24試合で10分13敗、たった1勝しかできていない。
ただ、現在調子を落としているとはいえ、今季のバーンリーがこれまでとは一味違うのも事実。
2018年、初勝利をサポーターに届けたいバーンリーと、このまま連勝を続けていきたいユナイテッド。土曜日の試合後に笑っているのはどちらのチームだろうか?

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ