エフゲニア・メドベージェワ選手

エフゲニア・メドベージェワ選手

ヨーロッパ選手権がモスクワで開幕した。平昌五輪前の前哨戦であり、またロシアのようにオリンピック代表を決定する大会でもあるため、現地モスクワも大いに盛り上がっているようだ。

優勝候補ナンバーワンは、やはりエフゲニア・メドベージェワだろう。怪我によりグランプリファイナルと国内選手権を欠場したが、絶対女王の実力と意地で、その座を明け渡すことはないだろう。貫禄の「アンナ・カレーニナ」での復活を願いたい。

メドベージェワと同じく、名コーチ、エテリ・トゥトベリーゼの門下生、アリーナ・ザギトワは、メドベージェワ不在のグランプリファイナルとロシア選手権を制し、現在最も勢いのある選手だ。メドベージェワに追いつき追い越せと、破竹の勢いで進撃して来るだろう。

アリーナ・ザギトワ選手

アリーナ・ザギトワ選手

唯一不安があるとすれば、本人も難しいと話す今季なかなかノーミスで決められないショートプログラムだろうか。しかしエテリコーチの指導のもと準備は万端のはず。舞台に立ち「ブラック・スワン」に容赦なく変身する姿を期待したい。

ロシアの三番手、デビュー時「氷上のスーパーモデル」と言われたマリア・ソツコワは、エレーナ・ボドレゾワコーチの熱意と期待に応え、強く正しく美しく、順調に成長を遂げ、グランプリファイナル2位、銀河系ロシア女子軍団がひしめく国内選手権でも銀メダルを獲得した。

今大会でも勿論表彰台候補だ。

マリア・ソツコワ選手

マリア・ソツコワ選手

173僂板洪箸離愁張灰錣蓮△海譴泙膿板垢砲弔い討△蕕未海箸鮓世錣譴訶戞△困辰肇ロリーナ・コストナーを模範にしてきた。そのコストナーはバッチリ健在だ。ミヒャエル・フースコーチのもとに戻り、心身ともに安定して試合に臨むことができるだろう。
その他にも、ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)、マエ・ベニレス・メイテ(フランス)、ルナ・ヘンドリックス(ベルギー)等、魅力的なヨーロッパの妖精達がモスクワの氷の上に舞い降りる。

お知らせ

第67回全国高等学校フィギュアスケート競技選手権大会

◆全米フィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ