11月〜12月にかけて長期間ベンチ外となったヘンリク・ムヒタリアンが冬の移籍期間に放出されるのではないかという報道がなされたように、マンチェスターU所属選手が何らかのトラブルに見舞われると、必ずと言っていいほど移籍や放出の話が浮上する。今回もイブラヒモビッチがアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)や中国リーグのクラブに買われるのではないかという憶測が流れ始め、その見方が日に日に強まっているようだ。

イブラヒモビッチ自身も半年後に迫った2018年ロシアワールドカップでのスウェーデン代表復帰を目指していると言われ、現状を何とかしたいと考えているはず。ベストなのは、マンチェスターUに残ってケガを完治させ、モウリーニョ監督に再び戦力と認められ、ルカクとターンオーバーで起用されることだろう。底知れぬ潜在能力を誇る怪物FWならば、劇的にパフォーマンスを上げてくる可能性は大いにある。

ただ、今回のケガが順調に回復する保証はない。マンチェスターUは15日のストーク戦を皮切りに、20日のバーンリー戦、26日のFAカップ4回戦・ヨービル・タウン戦、31日のトッテナム戦と4試合が控えているが、何とか今月中に復調を印象付けてほしい。イブラヒモビッチがベンチ入りを果たし、試合出場チャンスをつかんでゴールを奪うところまで行けば、放出話は立ち消えになるのではないか。とにかく彼にはシーズン通算17ゴールを挙げた昨季の片りんをいち早く示してもらいたいものだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ