ヘンリック・クリストッファーセン

ウェンゲンのスラローム2連勝中のヘンリック・クリストッファーセン。得意のコースで今季初勝利なるか

1月も半ばとなり、ワールドカップはいよいよ佳境に入ってきました。2月に行なわれる平昌五輪を横目ににらみつつ、目の前のワールドカップを全力で戦う。選手の緊張と集中力はぎりぎりまで高まってきたことでしょう。

今週はウェンゲンで男子のアルペン・コンバインド、ダウンヒルとスラロームが行なわれます。正式名称はインターナショナル・ラウバーホルンレース。第88回となる伝統のクラシックレースです。そして1月の怒涛のスラローム5連戦のうちの3戦目。シーズンを通して数えると10戦中6戦目に当たります。

現時点でのスラロームの種目別ランキングを整理すると

1位 M・ヒルシャー 454点
2位 H・クリストッファーセン 355点
3位 M・マット 308点
4位 A・ミューラー 263点
5位 L・エルニ 229点
6位 S−F・ソルヴォーグ 205点
7位 D・ユール 186点
マルセル・ヒルシャー

技術系種目ではほぼ敵なし。ヒルシャーは手のつけられない強さで今季すでに7勝をあげている

ルカ・エルニ

マドンナ・ディ・カンピリオでは、王者マルセル・ヒルシャーを追い詰めたルカ・エルニもワールドカップ初優勝を狙うひとり

という順。トップのマルセル・ヒルシャーと2位ヘンリック・クリストッファーセンとのポイント差が意外に離れていないという印象です。優勝回数ではヒルシャー4勝に対してクリストッファーセンは今季未勝利と一方的なのですが、クリストッファーセンも2位2回3位3回と、けっして表彰台を外れない安定した成績を残しているからです。このふたりは総合でも1位と2位を争っていて、こちらは154点差と意外と接戦。今季のヒルシャーはすでに7勝と勝ちまくっていますが、優勝こそないもののクリストッファーセンもしぶとく食らいついているわけです。
とはいえ、なかなか表彰台の中央に立つことができないクリストッファーセン。カレントリーダーの座には立ちながら、最終的にはヒルシャーに勝利をさらわれることばかりで、悔しさのあまり感情を爆発させてしまうこともあり、かなりストレスも溜まっていることが想像できます。しかし、ウェンゲンは昨年まで2連勝中と得意とするコース。このへんで何とかヒルシャーに一矢を報いたいところでしょう。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ