選手補強の歯車が狂い始めた点についても同情の余地はある。これまでMFジョー・アレンの確保など敏腕ぶりを発揮してきたが、2年前の冬に「パトリック・ヴィエラ2世」と期待してクラブ史上最高額で獲得した、MFジャネリ・インビュラが大失敗に終わった。元チームメイトが「あいつにはやる気が感じられない。英語を覚えようともしない」と漏らすほど性格に問題があったそうだが、その半年前までチェルシーやレアル・マドリードへの移籍噂が出ていた選手なのだから、ヒューズが見誤ったのも仕方がない。

極め付きは今季の年末年始のゲームである。12月30日のチェルシー戦では主力を温存して0-5の大敗を喫すると、「尻込みして決断できない者もいるが、実用的な判断を下すのが私の役目だ」と選手選考の正当性を訴えた。しかし、残留争い直接対決となったニューカッスルとの元日決戦にも0-1で惜敗。試合後の会見でメンバー選考について記者に問いただされたヒューズは、「48時間で2試合だ。君ならどうしたと言うんだ」と反論して席を立った。

ニューカッスル戦の終了間際のディウフのヘディングシュートがGKの右手に当たらなければ…。ヴィエラ2世が、ヴィエラの半分くらいでも活躍してくれていたら…。昨夏、アルナウトヴィッチがクラブを裏切って出て行かなければ…。何かが変わっていたのかもしれない。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ