雨の始まりとめどもなく

竹内択

竹内択(北野建設)は中堅のポジションからの脱却がはじまった

開幕初戦のオーベルスドルフ(ドイツ)からして天候不順であった。それも背後の風に雪どころか降雨になってしまい、しかも激しくなってきた。観客スタンドにはビニールカッパ姿が目立っている。さらにバックウインドがつらく、きつくて。

日本国内は大雪で各地のスキー場はうるおい、とても好ましい状況にあるのだが。どうして、欧州が小雪? クリスマス明けの時期のヨーロッパは暖かく、ジャンプ台では予期せぬ方向から風がぐるりと巻いて、となっている。 これで年明け女子ジャンプW杯のルシュノブ(ルーマニア)は、雪不足から延期になった。

伝統あふれるジャンプ週間オーベルスドルフ(ドイツ)大会は、いつもならけっこう冷えるはずなのだが、荒れる風雨にウエイティングが繰り返された。 その間、眺めてみれば、チームウエアでいえばドイツの深いグリーンはとてもきれいで、そして安定のオーストリアンレッド、これは国の色。ノルウェーはブラックとブルー、スロベニアは緑から一転ダークブルーにしてみた。 日本はレッドカラー中心、これに関してはジャンプファンの人たちが、おのおの印象で判断してくれることであろう。

ナイトゲームが終わると、レストランは夕食時間が終了していてBEERタイムがほとんど、あってもせいぜいピッツァくらいしか用意されてない。だから融通の利く中華屋に『また、今年も来てしまったよ』と閉店間際に駆け込んで、チャーハンと焼きそばで夕飯を済ますのがオーベルスドルフ夜のつね。その味も、いつもと変わらなくて安心してしまう。

葛西紀明

もうひと踏ん張り元気を出していこう葛西紀明(土屋ホーム)

ジャンプ週間の会場でたくさんの声援がある葛西紀明(土屋ホーム)は、いま、どうみても元気がない。減量やメンタル系の影響なのかも知れず、ついには2本目に残れなかった。 右肩を故障した伊東大貴(雪印メグミルク)の調整継続により、チーム入りした作山憲斗(北野建設)は50人に入れなくて予選落ち。竹内択(北野建設)は健闘、しかし小林潤志郎(雪印メグミルク)とのKO同僚対決で敗れた。 今季は、小林兄に期待だ。また弟の小林陵侑(土屋ホーム)も果敢に飛ばしてくる。この小林弟はヤンネ・バータイネン元フィンランドチームヘッドコーチの指導により、フィンランド基本技術の立ち上がりの姿勢が身についている。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ