新女王が誕生した。現地時間1月5日に行われた全米フィギュアスケート選手権女子シングルのフリースケーティングで、プログラムの中でディズニー・プリンセスを演じるブレイディ・テネルは、ほぼ完璧な演技で会場を沸かせ、女王の座を掴んだ。
彼女に続いて、24歳にして高難度の構成に挑んだ長洲未来は完成度の高い演技で銀メダルを獲得した。昨年の女王カレン・チェンは回転不足を多く取られながらも高い表現力で演技構成点を上げ、総合3位に入賞した。さらに、シーズン通してのパフォーマンスを考察された上で、以上3人のメダリストがアメリカの五輪代表として選出された。

1位 ブレイディ・テネル

ブレイディ・テネル選手

ブレイディ・テネル選手

1位 ブレイディ・テネル/219.51(SP:73.79/1位、FS:145.72/1位)
今シーズンが始まった頃、ほとんどの人がブレイディ・テネルのことを知らなかった。国内の地域大会を始め、ロンバルディア・トロフィーを経てスケートアメリカまで、彼女は注目されぬまま、ただただ安定感抜群の演技を出し続けてようやく名を挙げ、優勝候補として全米選手権という大舞台に上がった。今まで体験したことのないプレッシャーを浴びたが、テネルは今まで通り、難しい3ルッツ-3トゥループのコンビネーションを含めすべてのジャンプをしっかりと着氷し、スピンとステップも全部レベル4を獲得し、ノーミスの演技をショートとフリーと2つ揃えた。
フリーの「シンデレラ」の最後の音符が鳴った時、彼女も真のシンデレラになりきった。「まだ実感がないわ。今でもまだ驚いている」と優勝直後は言葉に詰まったテネルだが、平昌オリンピックの代表入りが確定した後、「自分の演技を誇りに思っている。このような機会をいただけて、本当に感激しているしうれしい」と感極まったようだ。

2位 長洲未来

長洲未来選手

長洲未来選手

2位 長洲未来/213.84(SP:73.09/2位、FS:140.75/2位)
長洲未来は攻めた。大会の前に「すべてを出し切りたい」と宣言した彼女は、リスクが高いと知りながらも、ショートとフリー両方のプログラムに3アクセルを入れた。ショートでステップアウト、フリーで両足着氷となったが、なんとか2つとも降りて、さらに3フリップ-3トゥループなどのジャンプを着実に完成し、持ち味の美しいスピンで魅せ、高い技術点を稼いた。
難しいジャンプの準備時間などにより演技構成点を少し損なったが、総合得点で2位に入り、4年ぶりに表彰台に登った。「4年前、五輪代表に落選した時、本当に辛かった。でも周りに支えられ、私は自信を付けて大きく成長した。闘いたかった。完璧に滑れなくても滑りきりたかった。それができて、本当によかった」と長洲は感慨深く語った。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ