賀正2018

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、今年の年明けはいきなり8連休という方もいたのではないでしょうか?
ボクは、5日に仕事始めでした。

さて、一年の計は、元旦にありと言われますが、恥ずかしながらこれと言って特に今年の目標みたいなものは立てる暇が新年会に忙しくてありませんでした。

ただ、少し落ち着いてから、今年の自分の立ち位置はどこで、どの様になるのかを早めに見極めてモータースポーツのインシーズンを迎えたいと思っております。立ち位置は大切、ピットロードでは立ち位置を間違えると危険ですから(今年もピットロードで仕事することを想定した場合)。そして、位置だけではなくてペース配分も重要です。昨シーズンは、シーズンに終盤にひどい腰痛に見舞われて、関係者にご迷惑をおかけしました。体を鍛えることも大切です。オフシーズンに体幹を鍛えるつもりです。これでなんとかワンシーズンを乗り切れるか…。

そんな思いを巡らしていると、「ところで日本のモータースポーツの立ち位置は?」と思いました。
ご存知のようにそのレベルはかなり高いものです。スーパーGT、スーパーフォーミュラに関しては、世界屈指のハイレベルカテゴリーであって、かつてモータースポーツの本場と言われた欧米のそれを完全に凌駕している。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ