町田は、この時点で3位に付けている強敵だったが、モチベーションで上回る府中がアグレッシブに戦い、シュート数でも上回った。試合は町田が先行し、府中が追いつくという形で2対2の同点で終盤を迎える。町田のイゴール、府中のクロモトと両チームの名GKの存在もあって、1点を争う激しいゲームだった。そして、最後の時間帯、府中はGKを引き上げてパワープレーも敢行したが、どうしても勝ち越し点を奪えず、府中にとっては痛恨のドローとなってしまった。

勝点で並んだ大阪と府中だったが、得失点差で大きく上回る大阪が5位に上がり、1月8日の第33節の第1試合で大阪がアルレミーナ浜松を下した瞬間に、大阪のプレーオフ進出と府中の終戦が事実上決まってしまった。「同時刻開催」ではなく、しかも目の前で大阪の勝利を見せられた府中の選手たちにとっては、最終戦はモチベーション的に難しい試合となったことだろう(バサジィ大分に4対2で勝利)。

レギュラーシーズンを終えたFリーグ。プレーオフではその大阪が2位に入った町田と対戦。そして、3位になった湘南と4位のフウガドールすみだが対戦。首位の名古屋が待ち受ける決勝は1月20日、21日の両日に行われる。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

お知らせ

◆フットサルFリーグ17/18 放送!

◆フットサルFリーグ17/18 放送!
J SPORTSでは6クラブ共同開催で行われる「J SPORTS シリーズ」など年間54試合を放送!


特集ページこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ