長くて楽しい自転車シーズンが、2018年も、真夏の南半球で明ける。UCIワールドツアー第一弾は、オーストラリアを舞台に繰り広げられるツアー・ダウンアンダー。1月14日(日)のダウンアンダークラシックを皮切りに、16日(火)から21日(日)までの全6ステージで、新年早々トップスピードの戦いが繰り広げられる!

しかも今年は記念すべき第20回大会である。

その歴史は1999年に始まった。レースカテゴリーはUCI2.4。現在は存在しないフォーマットであり、つまり「2=ステージレースの4=最低ランク」と言ったところか。2005年にHC=オールカテゴリー(ジャパンカップと同じランク)へと昇格し、2008年には欧州「外」で初めてUCIプロツアー(現ワールドツアー)の仲間入りを果たした。設立当初のいわゆる「本場欧州から遠く離れた」「バカンス気分の」「プレシーズンレース」という立場から脱却し、シーズン一発目の超真剣勝負の場へと姿を変えた。

アニバーサリーだからこそ、スタートラインには、20年の歴史を象徴するような選手たちがずらりと並ぶ。

まずは総合優勝回数で大会史上最多を誇るサイモン・ゲランス(4回)。区間勝利回数で16回と最多のアンドレ・グライペルも、3年の空白を破って記念大会に駆けつける。さらには1大会における最多区間勝利数4勝(2017年)のカレブ・イーウェン、歴代最年少総合優勝(21歳)のルイスレオン・サンチェス、そしてもちろん大会ディフェンディングチャンピオンにして、クイーンステージ=ウィランガ・ヒル4連覇中のリッチー・ポート。

プロデビュー戦がここダウンアンダーで、いきなり世界中のど肝を抜いたペーター・サガンも、3度目の参戦を果たす。ちなみに自身が参戦したことのあるワールドツアーステージレースで、この怪物が区間勝利を上げたことのない大会は、今はなきツアー・オブ・北京とこのダウンアンダーだけ……。3枚目の世界チャンピオンジャージをまとって、3度目の正直なるか。

なにより日本のファンにとっては、別府史之と新城幸也の競演が見られるのが嬉しい。それに別府選手のチームメートには「プロ1年生」アレックス・フレームがいるし、新城選手の側にはグランツール総合上位常連ドメニコ・ポッツォヴィーヴォの姿を見つけることが出来るはず。そう、シーズン一発目のレースだからこそ、人事異動の確認やら、新チーム名&新ジャージデザインのチェックも楽しみのひとつ。

気になるコース配分は、ピュアスプリンター向けが3つに(第1、3、6ステージ)、アップヒルスプリントが1つ(第2ステージ)。

お知らせ

J SPORTS初全ステージ生中継!
■ツアー・ダウンアンダー
1月14日 (日) 午後05:45〜 生中継&LIVE配信
»詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ