まもなく全米フィギュアスケート選手権が開催される。アメリカスケート連盟が公表したオリンピック代表の選考基準によると、今日から始まるこの大会は、2017年世界選手権および先月行われたグランプリファイナルと並ぶ、選考に最も重要な3大会の一つである。しかし、女子シングルに関しては、今シーズンのグランプリファイナルに進出できたアメリカの選手がいなかったため、全米の結果が代表選考の結果をより大きく影響するであろう。全体的に安定感に欠けるアメリカ女子だが、3つの五輪枠を巡って、ハイレベルな激戦が展開される予想だ。

カレン・チェン選手

カレン・チェン選手

三人の女王

全米女王のタイトルを手にして、世界選手権で4位に入賞するなど、先シーズン大活躍したカレン・チェンだが、今シーズンはグランプリ2戦でそれぞれ7位と8位に終わり、納得のいく演技ができなかった。技術面で回転不足を取られやすいのがもちろん課題だが、彼女はプログラムとの相性もいい演技をするには必要だと考え、グランプリ2戦目のスケート・アメリカでショート、フリー両方とも先シーズンのプログラムに戻すと決めた。「去年の世界選手権と全米を思い出すと、やはりこの2つのプログラムと感情的につながっているから、輝きの瞬間ができたんだ。戻すことで、輝きの瞬間を再現できると思う」とコメントしたディフェンディング・チャンピオンのこの勝負プロを、ぜひもう一度全米の会場で見たい。

アシュリー・ワグナー選手

アシュリー・ワグナー選手

アシュリー・ワグナー

全米選手権を3回優勝したアシュリー・ワグナーは、言うまでもなく今大会の優勝候補だ。懸念は足首のけが。スケート・カナダで銅メダルを取った後、グランプリファイナルの進出をかけたスケート・アメリカで、ワグナーはフリーの演技中で激痛を我慢できず、やむを得ず棄権した。でも本人は先日のインタビューで「スケート・アメリカの時より劇的によくなったわ、精神的にも、心理的にも、そして最も重要に、身体的にも」と明かし、さらに、フリーのプログラムを元々用意していた「ラ・ラ・ランド」に戻すと発表した。「このプログラムは何か特別なものになるポテンシャルがあると信じる。夏に振りつけたものより、もっとスケールが大きく、エキサイティングなものになった」とワグナーが紹介したこの新しいフリーを、絶対に見逃したくない。

お知らせ

◆ ロシアフィギュアスケート選手権 2018
<J SPORTS>
全種目放送!
<J SPORTSオンデマンド>
全種目LIVE配信
放送・配信スケジュールはこちら »
特集ページはこちら »

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ