選手宣誓は山形南の伊藤大瑛主将

東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、全国高校ラグビー大会が開幕。12月27日(水)・28(木)日の両日は1回戦、19試合が行われた。

まず、51校が行進した開会式では山形南の伊藤大瑛主将が「コバルトブルーの空の下、聖地・花園でプレーできることに大きな誇りと喜びを感じます」。

「感謝の気持ちを忘れずに、勇気と感動を与えるプレーで、これまでの練習の成果を思う存分に発揮します。ノーサイドの笛が鳴るまであきらめず、みんなの思いをボールに乗せ、最後まで戦い抜くことを、ここに誓います」と正々堂々と選手宣誓を務めた。

U18花園女子15人制東西対抗戦

「入場行進三賞」は整然とした行進をした「ベストマーチング賞」には中標津(北北海道)、明るく元気な行進をした「フィールドドリーム賞」は城東(徳島)、力強さを感じさせる行進の「HANAZONOフィフティーン賞」は新潟工業(新潟)がそれぞれ受賞した。

開会式直後に行われた「U18花園女子15人制」の東西対抗戦は、PR(プロップ)加藤幸子、NO8(ナンバーエイト)小西想羅、SH(スクラムハーフ)津久井萌といった日本代表経験者も選ばれていた東軍が小西の2トライを含む、4トライを挙げて24-0で快勝した。

大会1日目は1回戦8試合、2日目は1回戦11試合が行われて、下記のような結果になった。

◆大会1日目 1回戦 8試合結果

1回戦を突破した鹿児島実業

○黒沢尻工(岩手) 36-14 山口(山口)
○鹿児島実業(鹿児島) 38-12 函館ラ・サール(南北海道)
○流通経済大柏(千葉) 107-0 倉吉東(鳥取)
○東海大翔洋(静岡)41-12 高松北(香川)
○國學院栃木(栃木) 24-15 高鍋(宮崎)
○日川(山梨) 47-7 城東(徳島)
○長崎南山(長崎) 29-5 新潟工業(新潟)
○報徳学園(兵庫) 105-0 富山第一(富山)

◆大会2日目 1回戦 11試合結果

大分舞鶴は花園通算80勝

○大分舞鶴(大分) 57-7 朝明(三重)
○飯田(長野)26-5 倉敷工業(岡山)
○尾道(広島) 57-0 岐阜工業(岐阜)
○若狭東(福井) 66-0 山形南(山形)
○熊本西(熊本) 78-0 青森北(青森)
○明和県央(群馬)67-7 コザ(沖縄)
○茗渓学園(茨城)27-14 松山聖陵(愛媛)
○常翔学園(大阪第三) 61-15 仙台育英(宮城)
○土佐塾(高知)45-10 中標津(北北海道)
○郡山北工業(福島) 22-14 和歌山工業(和歌山)
○昌平(埼玉) 26-22八幡工(滋賀)

1回戦19試合を見ると、「西高東低」と言われて久しい高校ラグビー界だが、今大会唯一の初出場となった昌平(埼玉)を筆頭に、関東勢が6戦全勝と調子の良さをうかがわせた。

展開ラグビーで競り勝った茗渓学園

流通経済大柏(千葉)が100点ゲーム、、日川(山梨)は花園通算60勝を達成。明和県央(群馬)は11トライの猛攻で快勝。國學院栃木は強みであるスクラムとモールで逆転勝利。茗渓学園が強みの展開ラグビーで競り勝った。

他にもシードになってもおかしくない関西の強豪である、優勝5回の常翔学園(大阪第3)とベスト8の常連である報徳学園(兵庫)、中国大会2位の尾道(広島)は、前評通りの強さを見せて快勝した。

郡山北工業(福島)は3度目の花園挑戦で初勝利。6年ぶりの出場となった飯田(長野)も勝利。土佐塾(高知)は19年ぶり、若狭東(福井)も6年ぶりの勝利。優勝1回&準優勝3回の大分舞鶴(大分)は花園で通算80勝となった。

お知らせ

全国高校ラグビー大会(花園)開幕!
J SPORTSオンデマンドで全50試合LIVE配信!

地方予選は16試合配信中!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★高校ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ