「十分ではない」。
バーンリーとの引き分けに終わった試合後、記者会見でモウリーニョは、自チームの補強について、こう述べた。この発言は世界中ですぐさま話題となった。なぜならモウリーニョが監督に就任して以来、ユナイテッドは選手の獲得に2億8600万ポンドもの資金を投資しているからだ。

昨シーズンは当時の史上最高額となる8900万ポンドでポグバを獲得。その他にも、例えばバイリーを3000万ポンド、ムヒタリアンを2600万ポンドで獲得している。
そして今夏もルカクを7500万ポンドで、マティッチを4000万ポンド、リンデレフを3100万ポンドで獲得する大盤振る舞いを見せた。
しかし、ポルトガル人指揮官は言う。
「マンチェスター・シティーはストライカーのような値段でサイドバック買っている」。

確かに、シティーはこの夏、3人のサイドバックを補強。ウォーカーが4500万ポンド、メンディーが5200万ポンド、ダニーロが2600万ポンドと、全員超高額。一説によると、シティーが今夏の移籍市場で守備に費やした“防衛費”は、ボスニアやコンゴなど国家を上回っていたそうだ。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ