暗闇の中、ピッチを照らすライムライトに彩られた選手たちは、夜空に浮かぶ星たちに負けないほどの輝きを放っていた。華麗さと儚さを身にまとうユルゲン・クロップのリヴァプールに、アンフィールドでの自信が戻った。

最下位に沈む、監督不在のスウォンジーが相手。ここ最近何度もあった、「勝たなければいけない」試合だった。あの7-0で勝ったCLのスパルタク・モスクワ戦こそあったが、プレミアでは11月18日のセインツ戦以来、1ヶ月以上ぶりとなるホームでの勝利である。

もちろん大事なのは継続性だ。幸いなことに、今年最終戦となる土曜日の試合も、舞台はアンフィールド。当然勝って、2017年を笑顔で締め括りたいところだが、相手チームには顔も見たくないような「天敵」が2人いる。

1人はプレミアここ4度の対戦で6ゴールを決められているジェイミー・ヴァーディー。もう1人が(リーグカップを含め)今シーズン2度の対戦の両方でゴールを許した岡崎慎司である。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ