サウサンプトンは2週間前、既にスタンフォード・ブリッジに乗り込み、善戦虚しく敗れてしまった。もうチェルシーにできることはない。そうなれば、「監督交代奨励派」の仕事納めは、虫の息になったスパーキーに止めを刺すことだろう。

ここ2試合1勝1分と比較的良いクリスマスを過ごし、一応順位も13位まで上がったポッターズだが、相手がチェルシーとなれば話は別。今シーズン最初の対戦でも、モラタにハットトリックを決められるなどして、ホームで0-4の完敗を喫した。チェルシーはストークがプレミアで最も負けている相手(14敗)かつ最も多くのゴールを許している相手(42失点)であり、おまけにヒューズ個人にとってみても、プレミアで最も負けている相手(16敗)かつ最も多くのゴールを許している相手(47失点)だという。

もはや運にも見放されたか、スパーキー。2018年も、ストークを率いる彼の姿が見られることを願って…

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ