彼らの思いを実直に表した、素晴らしいチャントである。「様子見」の1シーズンを経て、ペップ・グアルディオラは、ファンに愛され、フットボールに愛される歴史的なチームを作り上げた。おそらく、他の誰にもなし得ない、ペップ・グアルディオラが監督だからこそ完成したチームが、今シーズンのプレミアリーグを席巻している。

ファンの喜びは計り知れない。誰がどう見ても、全世界をくまなく探しても、自分たちの監督が最も有能で、自分たちのチームが一番強い。老若男女問わず、マンチェスター・シティのファンはこの状況を誇るべきだし、この強さを後世まで語り継いでいく必要がある。もっとも、そんなことは言われなくても、1週間に1回はこの強さを誰かに話したくなるはずだ。

記録尽くめの2017年が終わろうとしている。(昨シーズンの)1月2日のバーンリー戦(2-1勝利)に始まり、最終戦となった先週土曜日のボーンマス戦に勝利したことで、今年エティハド・スタジアムで行われた公式戦26試合でシティは一度も負けなかった。また27日ニューカッスル戦までで、2017年の得点数は102に到達。カレンダーイヤーでの通算得点数が3桁を超えるのは、1部のチームとしては1982年にリヴァプールが106得点をマークして以来、実に35年ぶりの快挙となる。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ