当分は抜かれる心配もない。現在3位につけるハリー・レドナップは641試合で味踏み中。続くモイーズ(508試合)、アラダイス(494試合)も、ヴェンゲルに追いつくためにはあと8、9年ほど必要だし、その間にフランス人監督もさらに数を増やすはずだ。

そんなヴェンゲルの記念すべき大晦日なのだが、何か嫌な予感がする。対戦相手は、プレミア最近18試合に勝利がない(9分け9敗)、泥沼状態のウェストブロムである。何も心配ないはずだが、実はアーセナルは敵地でのウェストブロム戦は2連敗中なのだ。

これまでのヴェンゲルの810試合の中でも、特に忘れられない悔しい2試合があるとすれば、そのウェストブロム戦かもしれない。1-3で敗れた昨季の同カードでは、同監督に否定的な一部のアーセナル・ファンが試合中に「契約更新なし#ヴェンゲルOUT」と書かれたバナーをつけたセスナ機を飛ばすと、すぐに他のファンが「アーセンを信じる#AWに敬意を」というバナーで応戦した。2015年の対戦では、カソルラがPKを失敗して同点に追いつくチャンスをふいにし、ザ・ホウソーンズで1-2と敗れて指揮官も「悪夢」と嘆いたのだ。

さて、今年のプレミアリーグを締めくくる2017年のラストゲーム。ファーギー超えを果たすヴェンゲルにとって、吉夢となるのか、それとも再び悪夢となるのか……。

photo

フットメディア
Foot!でもお馴染み、スポーツコメンテイター西岡明彦が代表を務めるスポーツメディア専門集団。 語学が堪能で、フットボールに造詣が深いライター陣のコラムは、様々な媒体において高い評価を得ている。 J SPORTSでは、プレミアリーグ中継やFoot!などの番組演出にも協力している。

お知らせ

17/18 イングランド プレミアリーグ

J SPORTSでは今シーズンも見どころ満載のプレミアリーグを生中継含め毎節5試合放送。 世界一ハイレベルな戦いをお見逃しなく!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ